2008年10月の日記:[以前の日記]
 
 
10月21日(火)
 
 
1224581048.jpeg 油彩のパレットは使っていない。

濃く塗ったキャンバスをパレット代わりに使う。

この上での絵の具と絵の具のまじりあいで、

あらたな色の組み合わせを見つけることができるから。

あえてきれいにつかわず(ということにしておこう)

1224581049.jpeg そして小さな作品の場合イーゼルにキャンバスを置ける限り並べておく。

目には入ってうかんでくるものを見逃さぬよう

このまま常に並べている。

1224581050.jpeg 今日はこの中のF0号のいちばん小さなキャンバスに

グレーの雪景色が見えたので描き進めた。

全体は個展でのお楽しみです。

line
10月19日(日)
 
 
1224425963.jpeg

2008/12/16からの個展の制作にとりかかっている。

とりかかりがずいぶん遅くなってしまった。

いったい何枚できるのやら、不安になった。

といっても、思えば毎回不安はつきもの。

なんだかんだで乗り切ってきた。

しかし前回の個展でずいぶん絵が旅立っていったので

さすがに展示数はすくなくなりそう。

最近は それでもいい。

そう思っている。

ひと筆ひと筆、数をこなすために手を抜くくらいなら。

ひとつの絵に 力が宿ることを信じて。

上の絵はラフをうつすことなく描き始めた。

今はすでにまん中付近に女の子が立っている。

いままでにない雰囲気の

大きくなくとも存在感のある絵に、なりそう。

こんなときは、脳が興奮して眠れなくなる。
line