2009年8月の日記:[以前の日記]
 
 
8月31日(月)
 
 
♦♦♦♦♦友民党に1票♦♦♦♦♦
1251799017.jpeg

昨日は眠気を引きずって朝から選挙へ出かけた。
自分も投票した方が当選致しましたけど、
今回の選挙の結果、あまりの全体の様変わりに不安にもなりつつ。
これが大きくよいほうへ変わるための大改革であればよいのですが
むちゃくちゃに…なっていきませんように。

その後待ちに待った「20世紀少年*最終章*」を観にいきました。
今日の日記は長くなりますよ……ふふふ
これから観られる方はエンドロールで帰らないで下さいまし!
とだけお伝えをしなくては。

大の浦沢直樹ファンであり原作ファンとしては
期待とよろこびが大きかったために第一章を観たときは
ちょっぴり残念でしたけど…(T_T)ナンカチガウ
深い。。深いのですよ。
原作では登場人物の背景やこれまでの人生を細かく描かれていたり
社会問題を考えさせられたり、
とくにオッチョは絶望から立ち上がるまでの葛藤とか(泣)

映画の有名人キャスト揃いに、長く見てきた原作のキャラとの違いに
かえって混乱してしまいましたけれど
でも、登場人物が多いのではじめて観る方にはそのほうが
わかりやすいかもしれません。
いちばん大切なことも最後に省かないでくれたから、それはよかったです。

(注)1部あらすじを書いてしまいますので
これから映画や原作をご覧になる方はお控えください!

原作も結末には賛否両論ありました。
いろいろ推理して読んできた一部のファンからは酷評もありました。
あまりに推理できかねる結果だったから。
これでは、ほかの登場人物でもだれでもあてはめられる、とか。
つまり、同窓会でも思い出せないくらい存在の薄い子だったから
登場人物のコドモの頃の記憶のシーンでも
その登場人物の目線で描けばほとんど出てこないのも当然で
わたしはむしろ「そういうことなんだ」って、思った。
誰でも『トモダチ』になりうる。
単純明快ではこんなに長いお話しになっていないと思いますし
ましてや単なる推理話ではありませんもの!
現実に起こる事件は、予想もつかないところで広がった
ひとりの「孤独」から。
いじめられたコの気持ちなんて、いじめたほうは覚えていないことが
多いのかなと…思うのです。

このお話が、いじめられっこで印象の薄い子だった『トモダチ』の
単なる「復讐」というふうには描かれていないと思う。
コドモの頃トモダチは「ぼくはここだよ。ここにいるよ。」って
心の中で「存在」を叫び続けていた。
そして『トモダチ』の心は壊れたまま大人になった。
いえ、大人にならなかった。

秋葉原での事件のときとおんなじことを思った。
「トモダチ」(犯人)の気持ちのほうが涙が出るほどよくわかる。
一見悪もの、でもある意味この世の被害者
でも
大きな犯罪を犯してしまった。
だから
もう誰も助けてあげられないじゃない。
自分の孤独を、ヒトだけのせいにしてしまったら
こうなるのかな。
みんな、何かを抱えて生きているのに。

「ヒトを食べたきりん」に通ずるテーマ。
「どうしてこんなことになってしまったのか」
その答えがなにより大事なことを伝えたいのです。

エンドロール後のシーンは大事。
過去はやり直せないけど、償いの気持ちと
大事なことに気づいたところからが、これからのはじまり。
それから、最後の最後まであきらめないケンジは
それでこそ主役。

浦沢直樹先生のインタビュー記事の引用です__________

大人がカッコよく描かれた少年漫画って、実はほとんどないんです。
でも大人がカッコよくないと、子どもが大人になりたがらない。
僕はボブ・ディランやローリングストーンズが60代になってもカッコいいのを観てるので年をとるのが恐くない。
若い時がいいんじゃなくて、年を重ねた「現在」が一番いい!と思えるものを作品を通し今の世に投じたい気持ちがあります。
また登場人物も多いので、観る方は自分を誰かに重ねているようですが、意外と“ともだち”に感情移入できるという人も多い。
“ともだち”が悪でありながら、もう一人の主人公として存在するのは、多くの人の中に“ともだち的なもの”があるということでしょう。
ちょっとしたきっかけで、日常が異常に転じていくんだと思う。
______________________________

わたくしたちは、かっこいい大人になって
コドモが希望を持てる社会を
作っていかなくてはいけないのですねWWふぁいとー
でも、鳩ぽっぽさん。大丈夫でしょうか。。。
日本の未来は…?
line
8月29日(土)
 
 
♦♦♦♦♦真夜中の長さ♦♦♦♦♦
1251688124.jpeg

知り合いのライターさんよりご結婚のご報告がありました。
みなさんお忙しいお仕事なので、プライベートではなかなかお会いできませんけれど
お仕事を通しての「付き合いの長さ」の大切さを
とても感じておりますから
とてもとてもうれしいご報告でございました。
ときどきお仕事でご一緒するデザイナーさんらとともに
お手伝いさせていただく運びとなり
わたくしはウェルカムボードを頼まれたのです。
(+_+)
ど、どうしましょうWウェルカムボードは不得意。。。
プロとして半端には作れないから、逆にカタマってしまうのです。
デザイナーさんらと久しぶりに集まり、
イメージをいろいろ考えました。
あれこれお話しているうちに、おひとりが切り出した。
「彼女は多分、まちゅまゆさんが受けてくれたことで
どんな感じのものでも、すごくうれしいと思う」
どーーーーーん。
そうです!そうですとも!
彼女はそういったお方です!
なんだかんだと困っておりましたが、結局
ヒトの気持ちに突き動かされ、手は動き出すのでございます。
なんだかいろいろと浮かんで来てそのまま帰りに
カフェに立寄り自分の作品の案もあわせいろいろとラフを描いた。

夜もその勢いで眠れないくらい油彩も筆がすすみましたよ☆

合間に久しぶりに開いた絵本「サマータイムソング」
夏の終わりの真夜中にぴったりの絵本。
幻想的な絵とお話に入り込む。

夜明けまでにもどりまーす*****+*
line
8月28日(金)
 
 
♦♦♦♦♦気分転換♦♦♦♦♦
1251527383.jpeg

最近はわりと外に出ずにずっとラフ案を考えております。
参考資料の本は散乱。
ぱらぱらと浮かんだものはたくさんあるけれど、
版画にするにはしっかりとした下書きが必要ですから
ツメるのに時間がかかってしまいます。
何時間も眺めても一向に鉛筆がうごかないことも。
本をいろいろ観てみたりするもなかなかすすみません。
イラストのお仕事だったら、さくさくっと仕上げるのですけれど。

そんなときは、久しぶりにお部屋のコーナーのディスプレイを
いじってみたり。
無色系のガラスを並べたコーナーを並べ替えてみたり。
こんなときの集中力はめったにないくらいのもの。
こういった雑貨を並べていくのは
絵の中のレイアウトとおんなじ感覚なのです。
お部屋に飾る額の中に絵がないのは、
その中に絵が浮かぶようにするため。

いえ、たいそうなコーナーではありませんけれど
ひとつひとつ、気にいっているのです。

line
8月27日(木)
 
 
♦♦♦♦♦今年初の油彩画♦♦♦♦♦
1251420618.jpeg

ずいぶん時間かがかかってしまいました。
悩みに悩んで最後に部分的に碧をいれて気持ちが落ち着いたので
ここで筆をとめることにしましょう。
絵は、ほんとうにどこで終わるべきかむずかしいのです。
F3号とちいさな作品。
これからしばしの日々、しっかり乾燥させます。
来月末にはHOMME BLUE CAFEへ 送れるでしょうか。
全体像は湯布院限定のお楽しみです☆
line
8月26日(水)
 
 
♦♦♦♦♦トマトバジルソース♦♦♦♦♦
1251419793.jpeg

収穫したバジルを使ってトマトソースを作ろうと
トマトととり肉を買いにいったら
トマトが高くてびっくりしました…
最近お野菜がお高めです。
ついでになぜか鶏モモ肉も高くてびっくりしました

早い時間に八百屋さんへ行けばよかった
( *TωT)シクシクシク…
仕方ないのでホールトマトと鶏ムネ肉で。

バジルは今まで購入したり、乾燥ものでしたけれど
とれたてはとても香りがいっぱい。
早く次の葉っぱのびろ〜のびろ〜
と鉢植えをにまいにち呪いをかける。
line
8月25日(火)
 
 
♦♦♦♦♦嫁ぎ先♦♦♦♦♦
1251285212.jpeg

油彩画「迷宮茶会」本日発送。
東京へお嫁に行くことになりました。
とてもやさしい方なので、きっとしあわせです。
その方のお部屋には、私の作品が他にもたくさん
待っていますから。

line
8月24日(月)
 
 
♦♦♦♦♦日曜美術館♦♦♦♦♦
1251237977.jpeg

昨日は福岡市美術館へ。
めったに展示会へはいかないのですが。なんとも日曜らしい予定。
福岡市美術館30周年とのことで
たくさんの所蔵作品が展示されておりました。
シャガール、ダリ、ミロ、バスキア、ラファエル、黒田清輝…
無知なわたくしでも知っている代表的な作家の作品たち。
油彩をはじめた頃にシャガールが好きで
原画を観たくてよく通ったものです。

わたくしの絵の見方は、その絵の全体像に感嘆するのではなくて
タッチ、描き方、バックの色合い、その絵の中のほんの一角の
この色とこの色の組み合わせと重なり方はきれいだ…
といった感じで、近眼か!と思われるほど額にかぶりついて
見ているのであります。
そうしていると、むきゃーと絵を描きたくてたまらなくなってきます。

そんな中、ひとつの作品が目に止まりました。
松本竣介「彫刻と女」
松本竣介は記憶にありませんでしたが、その一枚は色合い、風合いがとっても心に残りました。
この絵だけは、下がってじっと観てしまいました。
ざっくりとした描き方はとても憧れます。

たくさんの油彩がを観て、今日はよい刺激になりました☆
line
8月22日(土)
 
 
♦♦♦♦♦バジル♦♦♦♦♦
1251042527.jpeg

春に種をまいていたバジル。
やっと大きく成長してくれて、ちょこちょこ収穫です。
ベランダに風が吹くと
ふうっとよい香り**+***
葉っぱをとったもとから、また新たに葉が出てきたり。
なんとも経済的W

アンデルセンかグリムだったか。。。
ある男が手に入れた不思議なチーズの入った器の話を思い出した。
一口だけ残しておけば、次の日にはまたチーズが器いっぱいになっているという
そんな器ほしくてたまらなかったおはなし。。でわなくて!
最後はやはり教訓的結末のはずですが
思い出せません!ヤギがでてきたような…
モヤモヤしますW
line
8月21日(金)
 
 
♦♦♦♦♦スイートポテト♦♦♦♦♦
1250883623.jpeg

今日はちょっと息抜きに
先日いただいた鳴門金時で、スイートポテトを作ってみました☆
初めてにしては上出来ではありませぬか W・_・W ぬかぬか
うさぎさんは行きつけのお食事居酒屋のお子さん用。
独り占めするにはもったいないスダチのお裾分けとあわせて
お食事がてら今夜はお届けに。

お姫さまみたいなきらきらが大好きな女の子。
近頃はコドモもきらきらが流行りみたいで
たいてい趣味が合います。
うさぎのポテトもとってもよろこんでくれました♡
line
8月20日(木)
 
 
♦♦♦♦♦母・娃子♦♦♦♦♦
1250828725.jpeg

父が定年を迎えてからだったろうか。
母・アイコは数年前ふたたび筆をとった。

学生の頃はずっと絵を描いていたのだけれど
就職、結婚、出産、子育てのため絵からはなれていたのでしょう。
新婚当初は画家だったおじいちゃん(祖母の兄)夫婦のもとで
お世話になっていたり絵の環境には縁があったようで。
しかし子供の頃、長電話をしながらちらしの裏に描く落書きは
マリリンモンローのような人物画だったりとハイレベルで
デッサンが得意でなく美術部に行かず漫画に走っていたわたくしは
陰ながら尊敬していた。
そんな母だから、絵の道へ進む私を応援してくれたのでしょう。

まちゅ家は基本的に、褒め言葉があまり出てこない。
でも、母が友人達とツアーで湯布院へ行った際、エスプリリゾートやHOMME BLUE CAFEの私の商品など
他のお客さんにうれしそうに話していたことを
他の友人のおばさまから聞いたときはとてもうれしかった。

母もやっと、この先生ならと思える師に出会ったのだろうか。
面倒臭がりのアイコにやっと火がついたらしく
いまは水彩画を改めて習い、描いている。
何十年ぶりだからなのか、わたくしと同じで作品に妥協できないからか
はじめは苦心していたようですが。

2年前はじめた頃、 描いた絵の写真を送ってくれた。
たくさん描けば道は開けるかな 
そう添えて。

親子そろっておとなになってからようやく
絵を通して愛情を感じるのでありました。
line
8月19日(水)
 
 
♦♦♦♦♦♦オールドローズ♦♦♦♦♦♦
1250822579.jpeg

今週はまいにち油彩。3号と小さな油彩画を描いている。
小さな作品から入るのは、大きな作品(といっても10号程度)に備えての筆慣らしなのです。
「黒」が美しいと思うここ数日。
先日観たココ・シャネルの生涯のお話の影響かもしれません。

今日はバラの部分に描き込みをしていったり
背景のものを加えたり。
そう!後から背景を加えたりするのでバランスをとるのに苦心します。
イメージに近づけることしか考えておりませんから
順序などよいのですよ☆
なにを入れようかと悩んでる時間があまりに長く
なかなか仕上がりませんけれど
キャンバスの前に座っているのはしあわせなので
よいのであります。

オールドローズのこの絵はこの秋、
湯布院のHOMME BLUE CAFE(info)にて初お披露目の予定です。
line
8月18日(火)
 
 
♦♦ひとり徳島物産展♦♦

徳島よりまたまたたくさんの物産がとどきました。
鳴門金時、スダチ、海藻類、ちりめん、いりこ、たくさん頂いてしまいました。
なんとも贅沢な食材でいっぱい。
ひとり徳島物産展状態です☆
九州ではかぼすを使うことはありましたけれど
スダチを知ってしまったのです。
くしくも微妙な日焼けに悩まされる今日この頃。
ビタミンCを摂取。摂取。摂取♪
1250647095.jpeg

それから、天神でも度々利用している靴下屋の
徳島シヨウの阿波踊り足袋ですよ!!
そういえば先日はキティちゃんの徳島限定
ウミガメバージョンもいただいておりました☆
各地限定のものって、ちょっと得した気分です。
line
8月17日(月)
 
 
♦♦角島へ♦♦
1250641234.jpeg

1250641235.jpeg

1250641236.jpeg

1250641237.jpeg

日曜までお休みなしでしたので、1日遅れの休日に角島へ。

空と海と緑と風と

神聖な…という言葉では足りないくらい

「あお」でした。
line
8月16日(日)
 
 
♦♦まちの花屋さん♦♦
1250436702.jpeg

金沢よりすてきな贈り物が届きました。
グラスの中に透明樹脂のようなもので色とりどりのものが閉じ込められた素敵な1輪挿し。
くるくる回してみると万華鏡をのぞいているようで
とってもきれいです★

7月3日の日記の画像にアップしておりました花のオブジェ。
mama!milkさんよりお贈りいただいたものですが
以前にも青いバラのデコレーションな作品を個展会場に送って下さいました。
その2つは私の作品をイメージして制作して下さたのだそう。
とっても感激です。

生花に限らずいろいろなものを使って
アーティスティックな作品を数々作られています。
その名も「まちの花屋さん」
http://www.machinohana.com/#
また素敵なご縁ができました。
line
8月15日(土)
 
 
♦♦ブルーベリー♦♦
1250435589.jpeg

今日は数年前わたくしの個展で出会ったゴスなお友達が沖縄から
帰ってきているとのことでしたが会う予定を断念。
引き続きアトリエにこもり油彩を描く。

本日のおやつ
友達にいただいた生ブルーベリーをぱくぱく。
line
8月14日(金)
 
 
♦♦油彩制作♦♦
1250231301.jpeg

油彩画を描きたくて、新作イメージはまだ固まっていないけれど
筆慣らしに少し前に描きかけていた油彩画に手を加える。
濃い青の背景でしたけど
全体的にピンクブラウンとイエローオーカーなど重ねてみたり。
油絵の具は重ね方によって絶妙な何ともいえない色みが生まれます。
絵をぱっと観ただけではわからない境目からちらっと見える
ブルーやターコイズ、重なったわずかな部分の色合い。
言葉で表現できない色合いなどに
宝石以上の価値とよろこびを感じるのです。
やっぱり自己満足なキャンバスの上。

昨夜は1時にオトモダチ5人で車で背振山へ。
大きなゴザに5人で寝っころがって
カシオペアのあたりをずっと観ておりました。
夜霧に草のにおい。
虫の声だけが聞こえてきて
子供の頃に家族でよく行った、阿蘇を思い出したり。
あいにく雲が多く、でも雲の切れ目を待ちながら
ペルセウス座流星群、ひとつふたつ見つけたーー***★
ああなんて青春(t_t)
line
8月13日(木)
 
 
♦今日のおやつ♦
1250155550.jpeg

お昼前からもくもくとアトリエで想いを巡らせていたら
気がつけば夕方4時。
お昼を兼ねてアリアワセで作ったパンケーキをいただきまーーす。

今夜は夜中にペルセウス座流星群を観に行ってまいります♪
ペルセウス座流星群ってメルセデス症候群って聞こえない?
聞こえぬか
line
8月12日(水)
 
 
♦ひきつづきラフ♦
1250155211.jpeg

油彩画のための案を考えるも
鉛筆を使うとついつい趣味のグッズのデザインになってしまいます。
しかも子供よりもウサギばっかりW
たくさんたくさん考えて描きだして
ようやく、これは油彩!っていうものがでてくるのです。
油彩、はやく描きたいのですけれど

あせらずじっくりじっくり。
ワールドに入り込んで行きましょう。
line
8月11日(火)
 
 
♦職質を免れるように♦
1250047880.jpeg

昨年末の個展で、毎年お越し下さる神戸のお客さまが
ご予約の油彩「迷宮茶会」。
これは先日の大阪展で展示した版画のもと。
お客さまがお引っ越しなどで転々とされていて
ようやくお引き渡しとなります。

公園にいってハンカチでマスクをして
しゃがんで保護ニスをしゃーしゃーかける姿は
怪しさきわまりなく…

とってもとってもお気に入りだったこのコ。
じゅうぶん共に暮らしました。
もうすぐお別れです;_・

line
8月10日(月)
 
 
♦あまい香り♦
1250047417.jpeg

先日の海&バーベキューの大量の道具をプチ熱中症になりながら
ひとりで一生懸命お片づけしたご褒美ということで
香水をいただいてしまいました☆
以前からあこがれていたパッケージがとてもすてきな
S・MARIA・NOVELLA(サンタマリアノヴェッラ)のバニラ
バラの香りはまだ早いですものね。
ちゃんとした香水を持つのははじめて***+*
たいせつに使わせていただきます。

line
8月9日(日)
 
 
♦すぎた毒♦
1249965523.jpeg

わたくしが夏休みをいただいている今週。
世の中は酒井法子な1週間でございましたね。
たくさんの考えや意見が、渦巻いておりましたね。

ひとりの女優をつぶしにかかるワイドショー。
「もうのりピーと呼ぶのはやめましょう」と裁判員でもないのに
決めちゃう○○アキコさん。。
………。
思うことはいろいろございますが。
彼女のこれまでの環境と状況と心理を憶測で、また、
好き勝手にいっている報道を鵜呑みにして意見してしまうのは。。。
自分がその複雑な状況、環境にないヒトであれば、
手を染めてしまった彼女をただ責める側になるのでしょうか。

普通に心配しました。知り合いではありませんけど。
そしたら結果に残念でした。
かろうじてその罪は殺人ではありませんでした。
廃人になる前に見つかってよかった。
しっかり反省して…なんていうのは私の権限ではありません。
子供のために、死にものぐるいで立ち直ってくださることを。

世の中は「まさか」という事件がたくさん起こりうる。
報道やニュースをひやかしに見るのではなくて
自分の身の回りのこととして
時に身近なヒト達と深く語り合うことも必要
報道はそのためのものであってほしいものです。

人間に毒っけは、多少あったほうがいい。
病気のための薬もまた微毒ですもの。
ただ麻薬というものは、ちょっと毒が多すぎのようです。
いままで積み重ねてきたものが、
がんばってきたことがすべて崩れてしまう。
この世の中で生きていくための信頼をなくしてしまう。

彼女は、社長さんのお話ではとても周りに気づかいのあるコだと。
自分のことになりますけれど
わたくしはいつか精神的にずいぶんどん底にあったとき
明日も見えなくなっていたとき
でもちゃんと生きるため前に進まねばならなかったとき
心配をかけていた身近な人たちに何をしたらよいか、
どう気づかったらよいかと考えながら生きていた。
もう誰の悲しい顔も見たくないと思ったから。
考えに考えて考えて考えて出したこたえは
必死でヒトに何かをしてやることよりも、まずは自分が健康で元気でいることが
なにより周りを笑顔にすることができるかもしれないということ。
ちょっと不器用すぎる流れではありましたけれど
それでよかったと、信じさせられる方へ流れているのであります。
ヒトに気を使いすぎるストレスから自分を追いやり、
もしくは自分をわかってもらえない環境の中で
ストレス発散のすべもなく孤独を抱え
病んでいったり麻薬から逃れられなくなっては
結果、自分のことしか考えていないことになってしまう。

まずは自分が元気でいること。それが世のためヒトのためなの。
そして自分が元気でいられる日々の環境への
感謝を忘れてはいけないの。
失敗だってあるさ。
伝わらないことだってあるさ。
でも明日があるからあきらめないの。

世の中の報道が品位と事実にそったものでありますように。

line
8月7日(金)
 
 
♦夏休み交際week♦
1249709292.jpeg

お野菜がお高めで残念な今日この頃
お昼間は本を開きまくったり、ラフを考えたり。
ざわざわと油絵の虫が騒ぐ。よい傾向。
版画の新作も考えなければ☆
何年もあけているカレンダーは今年はできるのでしょうか。ぬーん。
夜は久しぶりにあうオトモダチと、オープンして間もない知人のお店トレネへお食事へ。
ほんとうに久しぶりでございました☆
短くもうれしい大切な時間です。

line
8月6日(木)
 
 
♦お茶会とリサとガスパール♦
1249592014.jpeg

1249592015.jpeg

今日は友達とお茶会リサとガスパール展<イムズ>
おnewのBABYを着て、管理人さんの目をくぐり抜け天神へ。
やっと手に入れたカチューシャもして♡
ネイルを久しぶりにしましたけれど
やっぱりトモダチにはかないませんW
しかも先日の海で日焼けT_+

初めて行ったストロベリーフィールズでデザートプレート。
飾り付けがとてもきれい!!

イムズアルティアムで開催中の絵本「リサとガスパール」展へ行ったり
アクセサリーのパーツを買ったり
やっぱり本屋でイメージ資料を黙々とさがしたり。
楽しかった★今週は夏休みweekなのです。


line
8月5日(水)
 
 
♦イメージラフ♦
1249518249.jpeg

イメージをちょこちょこと描きためる。
ごにゅごにゅしててもなかなか…
やっぱり直接キャンバスに向かったほうがはやいかなあ。
以前はラフなしで、下塗りしたキャンバスをながめ
見えてくるものを一気に描き込んでおりました。
作品が細かくなってきたため、子供や小物は
ラフが必要になっています。
ラフがあったほうが、これは版画にしましょうとか
できますから。
最近木や森のイメージが多いです。
line
8月4日(火)
 
 
♦おさななじみ♦
1249421943.jpeg

今日はアメリカから夏休みで戻っている幼なじみとランチ。
天神地下街で待ち合わせ。
小学校2年生までいた社宅で、家族ぐるみでおつきあいがあった。
彼女はもうあちらで長く、外人さんと結婚して
ふたりともアメリカの大学で働いている。
後から早良区に住むおばさまも来てお茶をしました。
博多にひとり暮らしのため出てきた頃は
よく泊まりにいったり、会社に食材を送ってくださったり。
会社の人は母からかと思っていたようです^^
おふたりとも元気そうでよかった。
次に帰ってくるのはまた来年。身体に気をつけてがんばってね☆

line
8月3日(月)
 
 
♦ベランダの脅威♦
1249394177.jpeg

夏休みな週末でございました。
昨日の日曜は延期になっていた海&バーベキューの会。
幹事さまのサポートをさせていただきましたよ。
40人だった予定がなんと60人!!!
バスをチャーターしての行事となりました。
日差しの強い夏の海。生涯行かないかなー(笑)
と思っていたまちゅまゆが
友人知人に海へ行きましょうと声をかけるなんて。
参加して下さったみなさま。ほんとうにありがとう。
とても楽しんでもらえたようでよかった!!
はじめて会う方々に自己紹介をしていたら
びっくりしている女の子が。
わたくしの絵が好きで、2月のダーラヘストカフェでの展示会で
レターやカードを買って下さっていて、お礼状も届いたそう。
せまい福岡、ときどきあるこういったことは
本当にうれしいこと!

今日はベランダですべてのバーベキューコンロと格闘(洗う)
マットをほしたり椅子を拭いたりと黙々としていたら滝のような汗。
ベランダの端っこで
ようやくたくさんの白い花をつけた唐辛子(画像)の花と
一足先に赤くなったひとつの実だけが癒しでございました。
5時間ほどやっていたら、午後にはプチ熱中症W
目が回って起き上がれぬW@_@W

そして夜はバーベキューで余ったよいお肉をいただき
あっさり復活です。

line