2015年2月の日記:[以前の日記]
 
 
2月28日(土)
 
 
1425199986.jpeg

今日はお天気がよかったので、久しぶりにお買い物に行きました。
先日の片付けで勢いで随分お洋服を手放してしまったので
春物がでまわるこの時期、ちらほらと見てまわりました。
私にとってお洋服は、何より元気にしてくれるアイテム。
ただ、最近見かけた本で「フランス人は10着しか服を持たない」
というのがありました。
たくさん持つのではなく、最高のお気に入りを1シーズン10着(ブラウス、ワンピース、スカート、ジャケットetcなどのアイテム)だけ持つ、というもの。
そうすれば、いつもお気に入りだけを着れるということ。
スマートかつ幸せな方法。。(*´ー`*人)←単純

ゴスロリ的な服は個展用等に少し取ってありますが多くを手放しました。
最近、普段は気持ち的にも控えめな同じものばかり。
ちょっとテンションのあがるお洋服を着たくなったところ。。
フランシュリッペで可愛い春のロングジャケットを見つけました。。!
目に飛び込んできて、羽織ってみたら、とっても元気な気持ちに!

ぱっと見すこし派手かな。。と思いましたが(ぱっと見でなくても。。)
いまは何だか、こんなに元気になれるものならと、お迎えしました。
ダルメシアン的な柄、ホックは淡いピンクで、
止めない場合にちらっと見えてカワイイ。
ボタンのところの黒いリボンがカジュアル過ぎさを押さえています。
フランシュリッペはこういった細かいところが好きなのです。
以前よりフード付きのパーカーなどは絶対フランシュリッペ。

と、店頭でアツく語りすぎましたが(θωθ)
顔見知りの店員さんはとってもよろこんでいました。
春が、楽しみです。
line
2月27日(金)
 
 
1425197602.jpeg

ノエルは毎日、元気いっぱいです。
そろそろ躾をしていかなくてはなりませんが、
正直ちゃんとできるのかなあ。。と心配。
ひたすら手をガジガジしてきます。
といってもなんとしてもしなくてはなりません。。
週末は予防接種(^^)
line
2月26日(木)
 
 
1424912528.jpeg

「招かれざる客」
2014_油彩 F3号
2014年 福岡の個展のための作品(終了)

髪の毛と柵が手間取りました。。
ちょっぴり自分の趣味よりの絵柄に。
青の光を大切にしたかったので色を使いすぎないようにしました。
line
2月25日(水)
 
 
1424849758.jpeg

マンションに飼育届出を提出のための写真が必要で
暴れてないスキを見計らって
ようやく。。(っ´ω`c)パシャリ
小さいながら凛々しく撮れたかな?
line
2月24日(火)
 
 
1424825965.jpeg

待ちわびたキャンバスの為に
住人たちがゆっくりと集い始めます。
少しずつラフスケッチを描いてみる日々。

と。。いっても、キャンバス以外のものに描く予定があり
油彩は合間をぬって、となります。
油彩においては、3ヶ月以上も筆を置いたまま。
描きたいけれど少し怖かったり。少しだけ。
描く習慣から離れすぎて。
でも、なんどでも始められる事を知っているから、
ゆっくりがんばります。
ちょっぴり元気になろうとしすぎて、またちょっと気持ちが疲れて。。繰り返し。

ただ、何も予定がなかったらきっといつまでも何もできないので
参加させて頂ける制作があることに、感謝しています。
line
2月23日(月)
 
 
1424825513.jpeg

ノエルを見つけた隣のアンティーク家具のお店で、主人がブローチとクッションをプレゼントしてくれました。
ブローチは動物やバラなどあったけれど、ひと目で蜂に決めました。
かっこいいです。虫がキテます。
どこにつけようかな。
line
2月22日(日)
 
 
1424681315.jpeg

友人知人、皆様には、マロンの事で大変ご心配おかけ致しましたが、
あたらしい家族を迎えました。
主人が見つけた、少しばかりマロンに似た柄のチワワの女のコ。
たくさんたくさん話しあって、ようやく迎えました。
マロンの代わりはいません。
でも、マロンの妹のように、2人で大切に育てていきます。

12月生まれの、ノエルと言います。
まだ片手ですくえるほど小さいのです。
line
2月19日(木)
 
 
1424397893.jpeg

めずらしく女のコらしく撮れたマロン。

マロンに似たうさぎが通りかかったら、
アリスみたいに追いかけていって、
そのままおとぎの国へついていってしまいそう。
いつか私は、おとぎ話も描きたいな。
line
2月18日(水)
 
 
1424398700.jpeg

想いだけでは、届かない。
技術だけでも、届かない。
絵って、そういうもの。
line
2月17日(火)
 
 
1424310910.jpeg

「mother」
2014_油彩 P6号
2014年 福岡の個展のための作品(終了)

前日ご紹介した油彩画と同サイズ。
昨年10月の福岡の個展ではこの2作品が
新作でいちばん大きいほうでした。

ラフの段階でこのコはまだ母親ではありませんでした。

時々、洋書の表紙のような絵でもありたいとも、思っていたり。
line
2月16日(月)
 
 
1424221734.jpeg

「孤独の狂想曲」
2014_油彩 P6号
2014年 福岡の個展のための作品(終了)

自分が夕暮れの絵を描いたのは不思議でした。
夏の終わりからの制作でした。

またすこしずつ、過去作品を紹介していこうと思います。
それから、
iPhone(5,6)ケース第二弾を実は年明けに予定していましたが
延期させていただいて春が来る頃(4月?)に。
今度はiPad miniやiPad Airのケースも発売されます。
楽しみにしていて下さいね。
line
2月15日(日)
 
 
1424061717.jpeg

今はもうキミの居ない部屋。
面影が薄れるほど
心の中には深く刻まれていく。
line
2月14日(土)
 
 
1423993494.jpeg

今日はお天気がよかったので、
少し離れた画材屋さんまで歩いて行って来ました。

最近では東京の世界堂がお安いので
通販でよく知った画材やキャンバスのみのまとめ買いが定着。
久しぶりに行った福岡では馴染みの画材屋さんは、
世界堂と比べてしまうとさすがにお客様はまばら。
金額もセールでなければ定価です。
でも、店内も広すぎず店員さんにすぐ声をかけられ
何をお尋ねしても本当に細かく教えてくださいます。
おつき合いとしてはかなり長いので、あちらから声をかけて下さるのもうれしいです。

画材屋さんの店員なのだから、当たり前かもしれませんが、
素材や成分だけでなく、描き手でもないとわからなそうな事も
曖昧な応えは返ってきた事がなく、安心して、
それでは買ってみようかな、という気持ちにさせられます。

わざわざ足を運んだのは、アクリル絵具を買い、試すため。
私が時折使っているのは「アクリルガッシュ」
実は「アクリルガッシュ」と「アクリル」は違うことを知らなかったのです。
それで、透明度の高いものが多いアクリル絵具を試してみようと。

やはり画材屋さんはよいですね。
お話伺ったり、ワクワクしたり、リラックスできたり。
予定より長居しちゃいました。
本当に楽しかった。
できればあそこでお茶できればいいなʕ ·ᴥ·ʔふふ

そんな訳で、アクリル絵具、
買ってきましたよʕ ·ᴥ·ʔ♪
line
2月11日(水)
 
 
1423704053.jpeg

絵のことを考えて、
ワクワクする気持ちが
戻ってきました。

ようやく今年の始まりです。

あけましておめでとうございます。
line
2月10日(火)
 
 
1423555233.jpeg

それでも、陽はまたのぼりくり返す。
ねえ?マロンさん。

さあ、そろそろがんばりますか。
line
2月9日(月)
 
 
1423555041.jpeg

長い長い片付けも、およそ終わりました。
マロンのものだけでなく、ほかの部屋まで。
もくもくと溜まりすぎた物も見切りをつけて処分したり手放したり。
気持ちの整理には片づけがいちばんいい。。

マロンのいた部屋はカーペットまで変え雰囲気が変わり
マロンの面影はなくなりました。
居ないのに名前を呼んでしまうことも、なくなりました。

でも、心の中では時々呼びかけてあげています。
毎朝マロンに供えている水をかえて、おはようの挨拶だけ声にして。

大切な存在を亡くして、やれるだけの事はやった、なんて自分で思える人はきっと少ないと思う。
もっと出来ることはなかったのか、ああすれば良かったのか、こうすれば良かったのか、自分に落ち度があったんじゃないかって、、苦しくてたまらなかった。

でも、気持ちを分かってくださる方がたくさんいて、
たくさんたくさんお言葉やお花を頂いて、
ようやく、仕方がなかったんだと思えるようになりました。
感謝で言葉にできません。
いまはマロンさんとの楽しかった想い出を、振り返っています。
まだ時々登場するかもしれませんが、おつき合い下さいね。

また、がんばって参ります。
line